スポンサーサイト

  • 2013.09.23 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    悲惨だった研修生時代

    • 2007.01.30 Tuesday
    • 22:35

    はじめまして、倉木 真二と申します。
    私は過去にはゴルフ研修生として、
    現在はゴルフ工房のクラフトマンとして
    ゴルフ業界に携わり続けております。

    私自身、今でこそさほど練習しなくとも平均70台の
    スコアでラウンドし、ベストスコアでは60台を
    マーク出来るようになりましたが
    昔はいくら練習をしても全く上手くならず、
    本当に悲惨な状態だったのです。

    このように・・・

    「このままでは潰されてしまう…」

    • 2007.01.28 Sunday
    • 22:36

    ゴルフ研修生とは、ゴルフ場の寮を借りてグリーン刈りや
    キャディなどを行い、住み込みで働きながら
    空いた時間を利用してコースで練習を行い、
    プロを目指すと言うものです。

    私が働いていたゴルフ場にも、プロを目指す研修生は
    沢山いました。そして、研修生同士では

    「ニギリ」

    と言うものを必ずと言っていい程行ないます。


    ニギリとは、お金を賭けてゴルフの勝負をする事です。

    研修生の給料は非常に少ない為、
    (私の働いていたゴルフ場では月5〜7万程度でした。)
    新しいクラブを購入する資金や生活費等を稼ぎ出す為に
    ニギリを行い、他人のサイフに喰らい付くのです。

    当然私もニギリをやらされたのですが、
    私はそのゴルフ場で1番下っ端の新人だった為に
    先輩研修生のカモにされ、給料が無くなるまで
    ニギリ代をむしり取られていました。

    何でこんなに練習しているのに上手くならないんだ!!

    • 2007.01.27 Saturday
    • 22:38

    「人の2倍…いや、3倍練習すれば上手くなるはず!」

    そう信じて朝早くから夜の11時まで、狂ったように練習をしたのです。


    しかし、必死の練習とは裏腹にあまり上達が見られず
    先輩研修生のカモにされ続けてしまいました。


    「何でこんなに練習しているのに上手くならないんだ!!」


    悔しさのあまり血管が切れそうになりながらも
    更なる練習をこなしましたが、
    一向に勝てる気配はありませんでした。

    そんな毎日が2年も続き、
    私はある事に気付いたのです。


    ゴルフに必要なのは努力じゃなくてセンスなんだな・・・


    ボロボロになった私はもうゴルフが嫌になり、
    絶望の淵でゴルフなんて辞めてしまおうと
    本気で思いました…

    ある日のクラフトマンの衝撃

    • 2007.01.26 Friday
    • 22:43

    絶望的状況だった私はクラブを買い換える事で
    何とかしようと、当時人気のあったクラブに交換をしに
    とあるゴルフ工房に足を運びました。

    そこで衝撃的な出来事にあいました。



    わたし「すみません、このクラブに交換したいんですけど…」


    店主 「良いですけど、ちょっと打ってみますか?」


    わたし「そうですね、一応…」


    私はそのクラブの感触を確かめる為に
    鳥カゴのようなネットで軽く打たせてもらう事にしたのです。


    店主 「合ってないですね」


    わたし「え?」


    店主 「お客さんにそのクラブは合っていないです。」


    わたし「弾道を見てもいないのに、それは何を根拠に…」


    店主 「○○が○○で、●●が●●だからです。」



    わたし「え!?…何ですか、それは…!?」


    店主 「ん?ああ…良いですか、ゴルフスイングって言うのは…」





    結局クラブを買い換えなかった私に、
    超実践的なゴルフ理論の「ほんの一部」
    をその店主は教えてくれたのです。

    それは、非常にシンプルでしたが私にとってはまさに
    衝撃的な内容で、私に”ある気付き”
    与えるキッカケとなったのです。

    爆発的な上達

    • 2007.01.24 Wednesday
    • 22:47
    ゴルフ工房での”気付き”は果たして正しいのだろうか…


    私は今すぐ実践したい気持ちを抑えられず、
    その足ですぐに練習場へと向かいました。


    そして、

    その日を境に私のゴルフは劇的に変化して行ったのです…

    状況は劇的に変化しました。

    ドライバーショットではヘッドスピードが上がったワケでも
    ないのに今まで絶対届かなかった所まで飛距離が出るようになり、
    更には方向性まで劇的に良くなりました。 

    アイアンショットも今までの山なりの情けない弾道ではなく
    空気を切り裂くようなキレのあるショットが放てるようになりました。

    絶対に止まらなかったロングアイアンでも
    明らかに高弾道になりグリーンに噛み付くようになったのです。

    更にはアプローチショットまでもピンに激しく絡み、
    様々なショットを自在に打ちこなせるようになりました。


    特にトレーニングを始めたわけでもないのに
    今まで絶対に打てなかった弾道を放てるようになり、
    それは練習を重ねれば重ねるほどに効果が上がり、
    目に見える正に爆発的な上達を果たしました。


    今までカモにされていた先輩研修生達にもニギリで勝てるようになり、
    更にはその年に行なわれたアシスタントプロテストでは先輩研修生は
    皆全滅したにも関らず最年少、ゴルフ暦最小だった私だけが
    上位の成績で合格を果たしたのです。

    2年間、散々カモにしてくれた先輩研修生達は途端におとなしくなり、
    立場と実力は完全に逆転しました。


    「あの時の気付きは間違いじゃない…
     これがスイング理論の核心的なものなんだ!」



    今まで辛くて苦しいゴルフばかりしていた私が、

    「ゴルフはこんなに楽しいスポーツだったのか…」


    と、毎日のゴルフが楽しくて仕方なく思えるようになりました。


    しかし、これは私に特別なセンスがあったワケではありません。
    この「スイング理論の核心」を理解してしっかりと実践すれば、
    どんなゴルファーでも効率良く上達する事は可能です。

    スイング理論の核心とは

    • 2007.01.23 Tuesday
    • 23:06

    正直、この「スイング理論の核心」を理解するまで私自身
    効果の上がらなく、辛い練習ばかり繰り返していました。

    しかし、この理論に気付いた時からは効果的な練習を
    集中して実践出来るようになり、目を見張る上達を果たしました。


    だから、

    私のような遠回りをしないよう、あなたに大事なことを伝えたいのです。

    「スイング理論の核心を理解すれば、効率良く上達する事が出来る!」

       もしもあなたが

       ■ なかなかゴルフが上手くならない
       ■ 思ったような飛距離が出ない
       ■ アイアンで思ったような弾道が出ない
       ■ ダフリが多い
       ■ シャンクが出る
       ■ 弾道に安定感が無い
       ■ 好不調の波が激しい
       ■ スライスが出る
       ■ フックが出る
       ■ 球が上がらない
       ■ 達速度が遅い

    など、何らかの不満を感じているのであれば、
    それは「スイング理論の核心」を理解する事で
    解消して行く事が可能です。

    これは自信を持って言えます。

    なぜなら、この理論によって私自身が効果的に
    上達出来たから、と言う独りよがりな理由では無く、
    実際に現場で数万人と言うゴルファーのスイングや
    ゴルフを見てきたという経験、更には実際に
    「スイング理論の核心」を元に指導して
    効果の上がらなかったゴルファーは1人もいなかったからです。


    なかなかゴルフが上手くならないと言う方のお話を伺わせて頂くと、
    スイングの理論の核心を理解出来ておらず表面的な部分の理解に
    終わってしまっています。

    しかし、これはそのゴルファーに問題が有るワケではなく
    ゴルファーを取り巻く「環境」に問題があると思っています。


    と言うのは、スイング理論の情報発信の大元は、ゴルフ雑誌や
    レッスンプロによる指導、または友人からの指摘である事が大半です。


    ハッキリ言いますが、ゴルフ雑誌のレッスン記事を
    見ながら効果的に上達する事は難しいです。


    確かに正しい事を書いてはいるのですが、表面的な説明に
    終始していてスイングの根本的な部分に触れていないからです。

    冷静に考えてみて下さい。

    ゴルフ雑誌の目的は、あなたのゴルフを上達させる事では無く
    企業やゴルフショップに広告スペースを提供して利益を上げることです。

    と言うことは、あなたが目を引くような記事や見出しを作り、
    雑誌を継続的に読み続けるようにし、広告を多くの人の目に
    触れさせる必要があります。


    なので、毎回色んな切り口でネタを小出しにしながら
    注意を引き続けなければならないので、スイングの核心的な
    部分を1度公開してしまうとネタが無くなってしまいます。


    ティーチングプロも同様です。

    誤解の無いように言っておきますが、素晴らしい指導を
    されるティーチングプロは沢山います。

    私はそう言った方々は非常に尊敬しておりますが、
    それ以上に、あまりスイング理論を理解出来ていないのに
    レッスンをしているプロも大勢います。

    「プロの言う事に間違いは無いはず!」

    生徒になった方は信じて疑いませんが、理解できていない
    プロの指導ではスイングに対する部分的な指摘ばかりされ
    頭は混乱し、形ばかりを気にしたロボットの様なスイングになり、
    出費がかさむ一方で上達する事などありません。

    そう言った意味では当たり外れが有り、リスクの高い方法です。


    そして、これは私が実際に工房クラフトマンを
    始めてから分かった事なのですが、クラフトマンと言うのは
    下手なティーチングプロよりも、余程卓越したスイング理論や
    クラブのメカニズムの理論を理解し、現場での経験値が高く
    机上の空論に捕らわれることが無い、実践的で結果の出せる
    ゴルフ指導者になれる資質を持っている、という事です。


    もちろん全てがそうとは言いませんが、クラフトマンと
    言うのはゴルファーのクラブの見立て(クラブ選び)を
    するわけで、見立てをするにはクラブのメカニズムを理解
    している必要があるのは当然ながら、
    ゴルファーのスイングを見抜く眼力も必要になってきます。

    そして、レッスンプロなどは指導してなかなか結果が出なくても
    レッスンプロと言う「肩書き」があるので生徒を言いくるめる事が
    出来ますが、クラフトマンと言うのは「クラブ合わない」と言う
    お客さんの一言で終わりです。

    それで信頼を失い、お客さんが離れてしまいます。

    ですので、その「見立て」(クラブ選び)を絶対外さぬよう、
    日頃から様々な失敗や成功を繰り返して経験を積み、
    その理論を研ぎ澄ませながら精進しているのです。


    そして、多くのゴルフ理論では上達において
    最も大事なことを伝えていません。

    ゴルフの上達において最も大事なこと…

    それは、「自分のスイングを正確に把握する事」です。


       自分自身のスイングを正確に把握していれば、

       ■ なぜ自分は飛距離が出ないのか
       ■ なぜ自分は安定感が無いのか
       ■ なぜ自分は好不調の波が激しいのか
       ■ なぜ自分はダフるのか
       ■ なぜ自分はシャンクしてしまうのか
       ■ なぜ自分はスライスしてしまうのか
       ■ なぜ自分はフックしてしまうのか
       ■ なぜ自分は球が低いのか
       ■ なぜ自分は球が上がり過ぎてしまうのか
       ■ なぜ…


        と言った、問題点の根本的な原因を把握する事が可能となり、

        更には・・・自分の場合

       ■ どんな練習をしたら飛距離が伸びるのだろうか
       ■ どんな練習をしたら安定感が出るのか
       ■ どんな練習をしたらダフリがなくなるのか
       ■ どんな練習をしたらシャンクが防げるのか
       ■ どんな練習をしたらスライスが直るのか
       ■ どんな練習をしたらフックが直るのか
       ■ どんな練習をしたら球が上がるようになるのか
       ■ どんな練習をしたら球を抑えることが出来るのか
       ■ どんな練習をしたら…


    と、自分にとって最適な練習方法が実践出来るようになります。


    これは今までのような

    「飛ばす為にはこのような練習をすべき!」

    と言った、自分に効果のあった練習方法や理論を
    教える押し付けがましいものではありません。



       「飛距離が出ないのはこれが原因だから」

       「飛距離を伸ばす為にはこの練習をするべき」

       「真っ直ぐ飛ばないのはこれが原因だから」

       「真っ直ぐ飛ばす為にはこの練習をすべき」

    といった、個人の状態に合わせた練習方法を実践する事が
    出来るようになる、と言う事です。


    それは、「スイング理論の核心」を理解することで、
    自分で自分のスイングを正確に把握し、自分で自分にとって
    最も効果のある練習方法が実践出来るようになるのです。



    「練習してもなかなか上達できない辛さは誰よりも私が知っている。
    私の様な遠回りをしない為にも、この「スイング理論の核心」を
    上手くなりたいと願う全てのゴルファーに伝える事は出来ないだろうか…」


    次第にそう考える様になった私は、
    スイング理論の核心を用いた上達法」を一冊のマニュアルに
    まとめ上げ、”その全て”を公開することを決意したのです!

    「脅威のゴルフ上達法」とは?

    • 2007.01.22 Monday
    • 23:26

    私はこれを公開するかどうか、正直悩みました。

    なぜなら、この上達法を公開する事によって、私自身が
    苦心して編み出したゴルフ理論が多くのゴルフ業界関係者に
    知られてしまう可能性があるからです…



    しかし、一度「公開する!」と自分の心に誓ったからには、
    後には引けませんし、何よりあなたが過去の私の様に
    練習してもなかなか上達できないと悩むのなら…


    私も覚悟を決めて、、、

    ゴルフ研修生時代の経験
    アシスタントプロ時代の経験
    キャディとして多くのゴルファーを見てきた経験
    そしてクラフトマンとしてスイング理論
    クラブのメカニズム理論

    を日々学び経験し、悩みぬき、そうして何度も鍛え上げた


    「スイング理論の核心」

    その全てをあなたに伝授します!!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM